トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

subversion Tips

[カテゴリ:subversion]

参考リンク

なんちゃってTortoiseSVN(Subversion)の使い方シリーズ [SVNマニュアル擬き]
http://hide.xsv.info/tips/svnmanual/

TortoiseSVN の公式マニュアル
http://tortoisesvn.net/docs/release/TortoiseSVN_ja/index.html

trunk, tags, branches

構成管理 実践入門 第2章 Subversionによるバージョン管理入門 チーム開発に関連する操作
http://www.nulab.co.jp/kousei/chapter2/06.html

trunk :主な開発ラインを管理するディレクトリ
tags :変更を加えることが許されないコピー(タグ)を管理するディレクトリ
branches :変更を加えることができるコピー(ブランチ)を管理するディレクトリ

リリースしたものはtagsにおく。

マージ操作

Subversion(TortoiseSVN)でマージする方法(手順)(1)
http://hide.xsv.info/tips/svnmanual/merge1/

まず、用語の意味
「作業コピー」ローカル上のファイルのこと
「作業ベース」リポジトリの内容のこと
チェックアウト直後は「作業コピーの内容」と「作業ベースの内容」は完全に一致する。

概略

branches/v4 に加えた変更を、/trunk へ反映したいとき、
/trunc で「マージ」操作を行う。
このとき「マージ元」として branches/v4 を指定する。

つまり「マージ元」とは「変更を加えた方」

詳細

1)branches/v4 に加えた変更をコミットする。(r99)

2)trunk に切り替える。
「TortoiseSVN→切替」画面の「宛先パス:/trunk」

2-1)マージする。
「TortoiseSVN→マージ」画面
「リビジョンの範囲をマージ:チェック」
「マージ元のURL:svn://hostname/prjname/branches/v4」
「マージするリビジョンの範囲:99」
マージされた結果は作業コピー上に置かれる。

2-2)マージ結果を確認する。
「TortoiseSVN→変更をチェック」画面
変更があったファイルを選択し右クリックの「作業ベースと比較」で確認

2-2)コミットする。
マージ結果に問題なければコミットする。

最終更新時間:2014年01月25日 23時11分26秒