トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

lzhrecover.exe

lzhrecoverV0.1.lzh(159)

=============================
lzhrecover v0.1  20090526
=============================


これは何?
-----------

  解凍できないlhaファイルから、出来る限りのファイルを救出する
  作業を補助するツールです。

  といっても、解凍できない理由はいろいろあるでしょうから、
  とても限定的なツールです。あまり期待はできません。

  +Lhaca もしくは Lhaplus で作られた、途中までしか解凍できない
  lzhファイルをある程度復元することができます。
  (詳細は以下「後日談」参照)


作った背景
----------

  とある1G以上ある巨大lhaファイルを解凍していたところ、
  半分ぐらいのところでエラー発生してしまい、
  さまざまな解凍ツールを試してみるもやはりエラーになった。
  「解凍できないファイルを少しでも救出できないか?」
  ネット上でツール探すも見つからず。幸いバイナリエディタで対応
  する方法を見つけるが、あまりに巨大なlhaファイルである為、
  思うようにゆかず、作ったツールです。
  自分のケースに使うだけの捨てツールっぽいものなので、
  わりと手抜きです。他のケースで役に立つかは謎です。


lhaのファイルのファイル構造
----------------------------

  ものすごく簡略化すると
  +----------------------------+ ----
  |ファイル1(ヘッダ+データ)   |   1レコード
  +----------------------------+ ----
  |ファイル2(ヘッダ+データ)   |
  +----------------------------+
  |                            |
  :                            :
  |                            |
  +----------------------------+
  |ファイルn(ヘッダ+データ)   |
  +----------------------------+
  |0x00(エンドマーク) |
  +-------------------+
  となっています。
  このファイル構造で重要なのは、レコード間で相関関係がまったくないので、
  単純に、壊れているレコードを特定し、これを削除してしまえば、正常な
  lhaファイルになる(可能性がある)ということです。


壊れているレコードをどのように特定すればよいのか?
---------------------------------------------------

  lzhrecover(本ツール)では、次の2つのアプローチが行えます。

  A) UNLHA32.DLLで読み込み
     最も有名なlhaの圧縮/解凍ライブラリです。
     本ツールでは、このライブラリを使ってlzhファイル中の
     ファイルを読みます。
     エラー検出は厳密ですが一度エラーになると、それ以降の
     レコードは解析できません。(オプションで破損ヘッダ読み
     飛ばしは可能ですが)

  B) 独自解析
     本ツール独自で本当に最低限の解析を行うツールで、
     UNLHA32.DLLと比べるとお粗末もいいところです。
     ただし、エラー発生しても次レコードを予測して
     無理やり最後まで解析を継続します。
     予測といっても、ヘッダ中の圧縮方式 "-lhX-" をさがし
     ているだけです。


動作に必要なもの
-----------------

  .NET Framework 2.0

  [UNLHA32.DLLで読み込み] を使う場合、以下も必要です。

  CaldBase.dll, CaldBase.ini (CaldBase.dll Ver.0.10 に含まれます)
    WrapperDLL - CaldBase.NET Website
    http://caldbase.sourceforge.jp/old_wiki/index.php?WrapperDLL

  UNLHA32.DLL (ulh3265d.exe に含まれます)
    Common Archivers Library: UNLHA32.DLL
    http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/unlha32.html


使い方
-------

  1.[lzh選択]で、壊れたlzhファイルを選択(drag&dropでも可)
  2.[UNLHA32.DLLで読み込み]で、エラー発生するか確認
    一覧に表示されたレコードは、正常と思われる。
    (この操作は、本ツールの必須操作ではありませんが、
    非力な独自解析を補助する情報が得られます)
  3.[独自解析]で、エラー発生するか確認
    エラー発生しても最後まで処理継続させる。
    このときあきらかにエラーのレコードについては、
    チェックOFFになる。
  4.必要であれば、エラーと思われるレコードをチェックOFFする。
  5.[lzh出力]で、新たなlzhを出力する。
  6.出力したlzhを使って、1から繰り返す。
    エラーが無くなれば、おそらく解凍できるはず。
    解凍できないようなら、正常に解凍できたファイルの次の
    ファイルがエラーレコードなので、これを除外して新たなlzhを作る。
    これの繰り返し。

解凍するツールはLHMeltがお勧め
--------------------------------

  LHMelt のダウンロード
  http://www2.nsknet.or.jp/~micco/mysoft/lhmelt.htm
  -----------------------------------------------------------------------
  初心者の方や書庫関係に明るくない方は, 解らない設定は弄らないほうがいいです。
  少なくとも『オプション設定』ダイアログから呼び出せる各 DLL の設定ダイアログ
  の項目は弄ってはダメです。 LHMelt どころか, 他のアプリまで正常に動作しなく
  なります。
  -----------------------------------------------------------------------
  とあるので注意は必要ですが、UNLHA32.DLL の作者さん作成のツールなので
  信頼できると思います。
  機能的にも、書庫テストできる・破損ヘッダ読み飛ばしできる・ログが一覧で見られる
  と充実しているので、今回のように壊れたlzhファイルを見るのには最適でした。

  他のツールもいくつか試してみたのですが、特殊事情(巨大なlzhファイルで、かつ
  ヘッダ周りがあやしいレコードが含まれている)があっても素直に動いてくれたのは
  LHMeltだけでした。

  1.[編集→書庫のテスト]で書庫テスト
  2.[編集→展開]で解凍

  「ヘッダ CRC が存在しません」が発生したとき。
    警告であって解凍はできるので無視しても構いません。

  「格納ファイルのハフマンコードが壊れています」が発生したとき。
    [モード→破損ヘッダを読み飛ばす]をチェックONしていれば
    そのファイルをスキップして処理(解凍/書庫テスト)を継続してくれます。

後日談
-------

  復元できなかったファイル名を見ていて気が付いたのですが、
  エラーになっているlzhファイルは、+Lhaca もしくは Lhaplus で作られた
  可能性がありました。(以下以外にもCRCエラーが大量に出ましたし)

    『+Lhaca 1.24』について
    http://www2.nsknet.or.jp/~micco/notes/soft/Lhaca124.htm
    -----------------------------------------------------------------------
    +Lhaca が作成する書庫については以下の制限が存在します:
    * 作成される書庫は h1 形式ヘッダーです。
    * 基本は上記のとおりなのですが, 基本ヘッダーのファイル名項目 (のみ) で
      表現可能な 255 バイトまで作成を行ってしまうため,自身を含めて取り扱い
      不可能な書庫が作成されてしまいます。 ヘッダー読み込み時のリカバリーは
      行われませんので,当該箇所以降の全てのメンバーは無視されます。 
    -----------------------------------------------------------------------

    『Lhaplus 1.56』について
    http://www2.nsknet.or.jp/~micco/notes/soft/Lhaplus156.htm
    にも同様の指摘があります。

  これが原因で読めないlzhファイルについては、本ツールで
  独自解析→lzh出力 とすれば一部「格納ファイルのハフマン
  コードが壊れています」が発生しますが、それ以外は復元できます。


備考
-----

・本ツール自身は圧縮/解凍機能を持ちません。
・元のlzhファイルはReadオンリーで開いているので、このツールがバグを
  もっていたとしても、オリジナルのlzhファイルには影響ないはずです。
・唯一Writeしているのは、[lzh出力]ボタンの処理だけです。
・処理速度とかまったくチューニングしてません。
・内部32bitで処理しているので、lzhファイル4Gまでなら扱えるはず。
・ヘッダレベルは1,2のみ対応しています。

参考にしたもの
---------------

  LHAの書庫構造
  http://www2m.biglobe.ne.jp/~dolphin/lha/lha-header.htm

  開けなくなったLZHの解凍 : データ復旧のオントラック
  http://knowledge.ontrack-japan.com/ontrack_now/20040515_mamechisiki.html

  Common Archivers Library: UNLHA32.DLL
  の ulh3265d.exe の API.TXT
  http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/unlha32.html


動作・サポートについて
-----------------
  動作保障・サポート保障はありません。
  いかなる責任も負いません。

gounx2 at gmail.com

最終更新時間:2009年05月26日 19時45分06秒