トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Debian(Sarge)/2005-11-5

この記事は古いです
こちらを参照→ http://goungoun.dip.jp/app/fswiki/wiki.cgi/debianetch

目次

uw-imapdインストール(断念)

$ apt-cache show uw-imapd
Package: uw-imapd
Priority: optional
Section: mail
Installed-Size: 172
Maintainer: Jonas Smedegaard <dr@jones.dk>
Architecture: i386
Source: uw-imap
Version: 7:2002edebian1-11sarge1
Replaces: imapd, imap-4, imap
Provides: imap-server
Depends: libc-client2002edebian, libc6 (>= 2.3.2.ds1-21), libcomerr2 (>= 1.33-3), libkrb53 (>= 1.3.2), libpam0g (>= 0.76), libssl0.9.7, debconf (>= 1.2.0), openssl, libpam-runtime (>= 0.76-13.1), netbase
Recommends: exim4 | mail-transport-agent
Suggests: mutt | imap-client, logcheck
Conflicts: imapd, imap-4, imap, imap-server, logcheck (<< 1.1.1-9)
Filename: pool/updates/main/u/uw-imap/uw-imapd_2002edebian1-11sarge1_i386.deb
Size: 69812
MD5sum: 9f7ef54531d8a7f98302526ba0395b93
Description: remote mail folder access server
 IMAP (the Interactive Mail Access Protocol) is a mechanism for
 accessing mail folders and the messages in them remotely, ie with
 your user mail program running on a different machine to the one
 where all the messages are stored.
 .
 If you do install uw-imapd you will almost certainly want to install a
 Mail Transfer Agent such as Smail or Sendmail, as remote mail
 programs which use IMAP to access incoming and saved mail will
 usually want to send mail using SMTP, often to the same machine.
 .
 This server has SSL support built in.
Task: mail-server

Package: uw-imapd
Priority: optional
Section: mail
Installed-Size: 172
Maintainer: Jonas Smedegaard <dr@jones.dk>
Architecture: i386
Source: uw-imap
Version: 7:2002edebian1-11
Replaces: imapd, imap-4, imap
Provides: imap-server
Depends: libc-client2002edebian, libc6 (>= 2.3.2.ds1-21), libcomerr2 (>= 1.33-3), libkrb53 (>= 1.3.2), libpam0g (>= 0.76), libssl0.9.7, debconf (>= 1.2.0), openssl, libpam-runtime (>= 0.76-13.1), netbase
Recommends: exim4 | mail-transport-agent
Suggests: mutt | imap-client, logcheck
Conflicts: imapd, imap-4, imap, imap-server, logcheck (<< 1.1.1-9)
Filename: pool/main/u/uw-imap/uw-imapd_2002edebian1-11_i386.deb
Size: 69650
MD5sum: 68a000fa86173fdfc536e08b6af5f7a7
Description: remote mail folder access server
 IMAP (the Interactive Mail Access Protocol) is a mechanism for
 accessing mail folders and the messages in them remotely, ie with
 your user mail program running on a different machine to the one
 where all the messages are stored.
 .
 If you do install uw-imapd you will almost certainly want to install a
 Mail Transfer Agent such as Smail or Sendmail, as remote mail
 programs which use IMAP to access incoming and saved mail will
 usually want to send mail using SMTP, often to the same machine.
 .
 This server has SSL support built in.
Task: mail-server

$
$
$ apt-cache depends uw-imapd
uw-imapd
  依存: libc-client2002edebian
  依存: libc6
  依存: libcomerr2
  依存: libkrb53
  依存: libpam0g
  依存: libssl0.9.7
  依存: debconf
  依存: openssl
  依存: libpam-runtime
  依存: netbase
 |提案: mutt
  提案: <imap-client>
    mew-beta
    wl
    wl-beta
    egroupware-email
    egroupware-felamimail
    evolution
    im
    kmail
    mew
    mozilla-mailnews
    mozilla-thunderbird
    tkrat
    xfmail
    mutt
  提案: logcheck
 |推奨: exim4
  推奨: <mail-transport-agent>
    courier-mta
    esmtp-run
    exim
    masqmail
    nullmailer
    postfix
    sendmail-bin
    ssmtp
    xmail
    exim4-daemon-heavy
    exim4-daemon-light
  競合: <imapd>
  競合: <imap-4>
  競合: <imap>
  競合: <imap-server>
    courier-imap
    cyrus-imapd
    cyrus21-imapd
    bincimap-run
    dovecot-imapd
    mailutils-imap4d
  競合: logcheck
  置換: <imapd>
  置換: <imap-4>
  置換: <imap>
$
$
$ sudo apt-get install uw-imapd
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  libc-client2002edebian mlock
提案パッケージ:
  uw-mailutils mutt imap-client logcheck
推奨パッケージ:
  exim4 mail-transport-agent
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libc-client2002edebian mlock uw-imapd
アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
676kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 1348kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] Y
取得:1 http://security.debian.org sarge/updates/main mlock 7:2002edebian1-11sarge1 [25.4kB]
取得:2 http://security.debian.org sarge/updates/main libc-client2002edebian 7:2002edebian1-11sarge1 [580kB]
取得:3 http://security.debian.org sarge/updates/main uw-imapd 7:2002edebian1-11sarge1 [69.8kB]
676kB を 9s で取得しました (68.6kB/s)
パッケージを事前設定しています ...

┌───────────────────────────────────┤ libc-client2002edebian を設定しています ├────────────────────────────────────┐
│                                                                                                                  │
│ libc-client のバージョン 2002d 以下 (および 2003 の開発バージョン) では Maildirs をサポートする非公式でもうメン  │
│ テナンスされていないパッチが含まれていました。デフォルトでは uw-imapd や ipopd では Maildirs を使いませんが、シ  │
│ ステム設定を変更していたり、その他のインストール済みプログラムが libc-client に依存しているのであれば、この更新  │
│ はメール操作に障害をもたらす結果となります。                                                                     │
│                                                                                                                  │
│ Maildir サポートなしで libc-client のインストールを続けますか?                                                   │
│                                                                                                                  │
│ Maildir サポートなしで libc-client のインストールを続けますか?                                                   │
│                                                                                                                  │
│                                 <はい>                                   <いいえ>                                │
│                                                                                                                  │
└──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘

あ、、なんかやばそう。。。
→「いいえ」

┌────────────────────────────────────┤ uw-imapd を設定しています ├─────────────────────────────────────┐
│ imap2 = TCP ポート 143 で動作する TLS サポート付き IMAP 4Rev1 (奇妙なことですが 2 ではありません)。  │
│                                                                                                      │
│ imap3 = TCP ポート 220 で動作する TLS サポート付き IMAP 3。これはもう時代遅れのものです。            │
│                                                                                                      │
│ imaps = TCP ポート 993 で動作する SSL サポート付き IMAP 4Rev1。                                      │
│                                                                                                      │
│ よくわからなければ、imap2 と imaps を選んでください。                                                │
│                                                                                                      │
│ サーバでどのポートをリスンしますか?                                                                  │
│                                                                                                      │
│    [*] imap2                                                                                         │
│    [ ] imap3                                                                                         │
│    [*] imaps                                                                                         │
│                                                                                                      │
│                                                                                                      │
│                                                <了解>                                                │
│                                                                                                      │
└──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘

┌──────────────────────────────────────────┤ uw-imapd を設定しています ├──────────────────────────────────────────┐
│                                                                                                                 │
│ 有効として選択されたポートは、ローカルに設定されたサービスによって上書きされる可能性があります。デフォルトでは  │
│ 、ポートの選択は初期インストールのときのみ尊重され、その後の再設定では無視されます。                            │
│                                                                                                                 │
│ ローカル調整の可能性を無視して、常に選択されたポートを使いますか?                                               │
│                                                                                                                 │
│ ポートの選択を強制しますか?                                                                                     │
│                                                                                                                 │
│                                 <はい>                                   <いいえ>                               │
│                                                                                                                 │
└─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘
→「いいえ」

未選択パッケージ mlock を選択しています。
(データベースを読み込んでいます... 現在 21660 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../mlock_7%3a2002edebian1-11sarge1_i386.deb から) mlock を展開しています...
未選択パッケージ libc-client2002edebian を選択しています。
(.../libc-client2002edebian_7%3a2002edebian1-11sarge1_i386.deb から) libc-client2002edebian を展開しています...
未選択パッケージ uw-imapd を選択しています。
(.../uw-imapd_7%3a2002edebian1-11sarge1_i386.deb から) uw-imapd を展開しています...
mlock (2002edebian1-11sarge1) を設定しています ...
libc-client2002edebian (2002edebian1-11sarge1) を設定しています ...

uw-imapd (2002edebian1-11sarge1) を設定しています ...
WARNING: Port "imap3" unselected in debconf but possibly handled locally.
Creating generic self-signed certificate: /etc/ssl/certs/imapd.pem
(replace with hand-crafted or authorized one if needed).

やばそうなので、アンインストールします。

$ sudo apt-get remove --purge libc-client2002edebian mlock uw-imapd
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージは「削除」されます:
  libc-client2002edebian* mlock* uw-imapd*
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 3 個、保留: 0 個。
0B のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 1348kB のディスク容量が解放されます。
続行しますか? [Y/n] Y
(データベースを読み込んでいます... 現在 21707 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
uw-imapd を削除しています...
uw-imapd の設定ファイルを削除しています...
SSL certificate /etc/ssl/certs/imapd.pem is NOT removed.
Please remove manually if required.
libc-client2002edebian を削除しています...
libc-client2002edebian の設定ファイルを削除しています...
mlock を削除しています...

libc-client2002edebian が Maildir形式 用にできていないということですね。
Maildir形式はダメっぽいです。

あと、現行のpostfix&Maildir形式で動かしていて、apache2の起動ユーザである
www-data宛てのメールがパーミッションエラーで弾かれている。
これは、www-dataのホームが/var/wwwになっているから。
/var/www/Maildirを作ってアクセス可能とすれば使えそうだけど、Debian標準から
はずれそう。。。

なんか複雑になりそうなので、postfix&mbox形式に戻して、ipopd使います。

ipopdインストール

$ apt-cache show ipopd
Package: ipopd
Priority: optional
Section: mail
Installed-Size: 128
Maintainer: Jonas Smedegaard <dr@jones.dk>
Architecture: i386
Source: uw-imap
Version: 7:2002edebian1-11sarge1
Provides: pop3-server, pop2-server
Depends: libc-client2002edebian, libc6 (>= 2.3.2.ds1-21), libcomerr2 (>= 1.33-3), libkrb53 (>= 1.3.2), libpam0g (>= 0.76), libssl0.9.7, debconf (>= 1.2.0), openssl, libpam-runtime (>= 0.76-13.1), netbase
Recommends: exim4 | mail-transport-agent
Suggests: logcheck
Conflicts: imap (<< 4.4-1), pop3-server, pop2-server, logcheck (<< 1.1.1-9)
Filename: pool/updates/main/u/uw-imap/ipopd_2002edebian1-11sarge1_i386.deb
Size: 42640
MD5sum: 222b9d6cfae656aeb0995b6b742a8018
Description: POP2 and POP3 servers from UW
 This package contains the POP2 and POP3 servers which were
 formerly part of the University of Washington IMAP package.
 .
 This server has SSL support built in.

Package: ipopd
Priority: optional
Section: mail
Installed-Size: 128
Maintainer: Jonas Smedegaard <dr@jones.dk>
Architecture: i386
Source: uw-imap
Version: 7:2002edebian1-11
Provides: pop3-server, pop2-server
Depends: libc-client2002edebian, libc6 (>= 2.3.2.ds1-21), libcomerr2 (>= 1.33-3), libkrb53 (>= 1.3.2), libpam0g (>= 0.76), libssl0.9.7, debconf (>= 1.2.0), openssl, libpam-runtime (>= 0.76-13.1), netbase
Recommends: exim4 | mail-transport-agent
Suggests: logcheck
Conflicts: imap (<< 4.4-1), pop3-server, pop2-server, logcheck (<< 1.1.1-9)
Filename: pool/main/u/uw-imap/ipopd_2002edebian1-11_i386.deb
Size: 42504
MD5sum: 3055c4e3900e08be1fe246e3e8543727
Description: POP2 and POP3 servers from UW
 This package contains the POP2 and POP3 servers which were
 formerly part of the University of Washington IMAP package.
 .
 This server has SSL support built in.

$
$
$ apt-cache depends ipopd
ipopd
  依存: libc-client2002edebian
  依存: libc6
  依存: libcomerr2
  依存: libkrb53
  依存: libpam0g
  依存: libssl0.9.7
  依存: debconf
  依存: openssl
  依存: libpam-runtime
  依存: netbase
  提案: logcheck
 |推奨: exim4
  推奨: <mail-transport-agent>
    courier-mta
    esmtp-run
    exim
    masqmail
    nullmailer
    postfix
    sendmail-bin
    ssmtp
    xmail
    exim4-daemon-heavy
    exim4-daemon-light
  競合: <imap>
  競合: <pop3-server>
    courier-pop
    cyrus-pop3d
    cyrus21-pop3d
    popa3d
    qpopper
    qpopper-drac
    solid-pop3d
    teapop
    teapop-ldap
    teapop-mysql
    teapop-pgsql
    xmail
    dovecot-pop3d
    mailutils-pop3d
  競合: <pop2-server>
  競合: logcheck
$
$
$ sudo apt-get install ipopd
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  libc-client2002edebian mlock
提案パッケージ:
  logcheck uw-mailutils
推奨パッケージ:
  exim4 mail-transport-agent
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  ipopd libc-client2002edebian mlock
アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
648kB 中 42.6kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 1303kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] Y
取得:1 http://security.debian.org sarge/updates/main ipopd 7:2002edebian1-11sarge1 [42.6kB]
42.6kB を 1s で取得しました (25.1kB/s)
パッケージを事前設定しています ...

┌───────────────────────────────────┤ libc-client2002edebian を設定しています ├────────────────────────────────────┐
│                                                                                                                  │
│ libc-client のバージョン 2002d 以下 (および 2003 の開発バージョン) では Maildirs をサポートする非公式でもうメン  │
│ テナンスされていないパッチが含まれていました。デフォルトでは uw-imapd や ipopd では Maildirs を使いませんが、シ  │
│ ステム設定を変更していたり、その他のインストール済みプログラムが libc-client に依存しているのであれば、この更新  │
│ はメール操作に障害をもたらす結果となります。                                                                     │
│                                                                                                                  │
│ Maildir サポートなしで libc-client のインストールを続けますか?                                                   │
│                                                                                                                  │
│ Maildir サポートなしで libc-client のインストールを続けますか?                                                   │
│                                                                                                                  │
│                                 <はい>                                   <いいえ>                                │
│                                                                                                                  │
└──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘
→「はい」

┌────────────────────────────────┤ ipopd を設定しています ├─────────────────────────────────┐
│ pop2  = TCP ポート 109 で動作する TLS サポート付き POP 2。これはもう時代遅れのものです。  │
│                                                                                           │
│ pop3  = TCP ポート 110 で動作する TLS サポート付き POP 3。                                │
│                                                                                           │
│ pop3s = TCP ポート 995 で動作する SSL サポート付き POP 3。                                │
│                                                                                           │
│ よくわからなければ、pop3 と pop3s を選んでください。                                      │
│                                                                                           │
│ サーバでどのポートをリスンしますか?                                                       │
│                                                                                           │
│    [ ] pop2                                                                               │
│    [*] pop3                                                                               │
│    [*] pop3s                                                                              │
│                                                                                           │
│                                                                                           │
│                                          <了解>                                           │
│                                                                                           │
└───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘
→「了解」

┌───────────────────────────────────────────┤ ipopd を設定しています ├────────────────────────────────────────────┐
│                                                                                                                 │
│ 有効として選択されたポートは、ローカルに設定されたサービスによって上書きされる可能性があります。デフォルトでは  │
│ 、ポートの選択は初期インストールのときのみ尊重され、その後の再設定では無視されます。                            │
│                                                                                                                 │
│ ローカル調整の可能性を無視して、常に選択されたポートを使いますか?                                               │
│                                                                                                                 │
│ ポートの選択を強制しますか?                                                                                     │
│                                                                                                                 │
│                                 <はい>                                   <いいえ>                               │
│                                                                                                                 │
└─────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘
→「いいえ」

未選択パッケージ mlock を選択しています。
(データベースを読み込んでいます... 現在 21660 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../mlock_7%3a2002edebian1-11sarge1_i386.deb から) mlock を展開しています...
未選択パッケージ libc-client2002edebian を選択しています。
(.../libc-client2002edebian_7%3a2002edebian1-11sarge1_i386.deb から) libc-client2002edebian を展開しています...
未選択パッケージ ipopd を選択しています。
(.../ipopd_7%3a2002edebian1-11sarge1_i386.deb から) ipopd を展開しています...
mlock (2002edebian1-11sarge1) を設定しています ...
libc-client2002edebian (2002edebian1-11sarge1) を設定しています ...

ipopd (2002edebian1-11sarge1) を設定しています ...
WARNING: Port "pop2" unselected in debconf but possibly handled locally.
Creating generic self-signed certificate: /etc/ssl/certs/ipop3d.pem
(replace with hand-crafted or authorized one if needed).

設定

CRAM-MD5(APOP)パスワードファイル作成
(Linuxへのログインのパスワードとは別とすること)
$ sudo vi /etc/cram-md5.pwd

userid	password

アクセス権設定

$ sudo chown root:root /etc/cram-md5.pwd
$ sudo chmod 600 /etc/cram-md5.pwd

動作確認

別クライアントから接続してみる。

あれ。。。だめだ

/etc/cram-md5.pwd の ユーザ名、パスワードの区切りが半角スペースであったので、タブに修正した。

おっけー

logcheckインストール

$ apt-cache show logcheck
Package: logcheck
Priority: optional
Section: admin
Installed-Size: 232
Maintainer: Debian logcheck Team <logcheck-devel@lists.alioth.debian.org>
Architecture: all
Version: 1.2.39
Depends: adduser, debconf, exim4 | mail-transport-agent, cron (>= 3.0pl1-68), sysklogd | system-log-daemon | syslog-ng, mailx, logtail (= 1.2.39), logcheck-database (= 1.2.39), debianutils (>= 1.16.9), lockfile-progs, debconf (>= 0.5) | debconf-2.0
Suggests: syslog-summary
Filename: pool/main/l/logcheck/logcheck_1.2.39_all.deb
Size: 44636
MD5sum: d957b8fc63f0442ac946191682327b07
Description: Mails anomalies in the system logfiles to the administrator
 Logcheck was part of the Abacus Project of security tools, but this
 version has been rewritten.
 .
 Logcheck helps spot problems and security violations in your logfiles
 automatically and will send the results to you in e-mail.

$
$
$ apt-cache depends logcheck
logcheck
  依存: adduser
  依存: debconf
 |依存: exim4
  依存: <mail-transport-agent>
    courier-mta
    esmtp-run
    exim
    masqmail
    nullmailer
    postfix
    sendmail-bin
    ssmtp
    xmail
    exim4-daemon-heavy
    exim4-daemon-light
  依存: cron
 |依存: sysklogd
 |依存: <system-log-daemon>
    syslog-ng
    inetutils-syslogd
    socklog-run
    sysklogd
  依存: syslog-ng
  依存: mailx
    mailutils
  依存: logtail
  依存: logcheck-database
  依存: debianutils
  依存: lockfile-progs
 |依存: debconf
  依存: <debconf-2.0>
    cdebconf
    debconf
  提案: syslog-summary
$
$
$ sudo apt-get install logcheck
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  lockfile-progs logcheck-database logtail
提案パッケージ:
  syslog-summary
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  lockfile-progs logcheck logcheck-database logtail
アップグレード: 0 個、新規インストール: 4 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
141kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 1038kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] Y
取得:1 ftp://ftp.jp.debian.org sarge/main lockfile-progs 0.1.10 [7522B]
取得:2 ftp://ftp.jp.debian.org sarge/main logtail 1.2.39 [27.4kB]
取得:3 ftp://ftp.jp.debian.org sarge/main logcheck-database 1.2.39 [61.5kB]
取得:4 ftp://ftp.jp.debian.org sarge/main logcheck 1.2.39 [44.6kB]
141kB を 1s で取得しました (112kB/s)
パッケージを事前設定しています ...

 ┌───────────────────────┤ logcheck を設定しています ├───────────────────────┐
 │                                                                           │
 │ レポートのレベルやレポート先のメールアドレスを変更する                    │
 │                                                                           │
 │ レポートのレベル (デフォルトは server) やメールアドレス (デフォルトは     │
 │ root) を変更するには、"/etc/logcheck/logcheck.conf" を編集する必要があり  │
 │ ます。                                                                    │
 │                                                                           │
 │ 詳細は /usr/share/doc/logcheck を参照してください。                       │
 │                                                                           │
 │                                  <了解>                                   │
 │                                                                           │
 └───────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘

未選択パッケージ lockfile-progs を選択しています。
(データベースを読み込んでいます... 現在 21708 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../lockfile-progs_0.1.10_i386.deb から) lockfile-progs を展開しています...
未選択パッケージ logtail を選択しています。
(.../logtail_1.2.39_all.deb から) logtail を展開しています...
未選択パッケージ logcheck-database を選択しています。
(.../logcheck-database_1.2.39_all.deb から) logcheck-database を展開しています...
未選択パッケージ logcheck を選択しています。
(.../logcheck_1.2.39_all.deb から) logcheck を展開しています...
lockfile-progs (0.1.10) を設定しています ...
logtail (1.2.39) を設定しています ...
logcheck-database (1.2.39) を設定しています ...

logcheck (1.2.39) を設定しています ...

設定

チェック対象ファイル追加
$ sudo -s /etc/logcheck/logcheck.logfiles

# these files will be checked by logcheck
# This has been tuned towards a default syslog install
/var/log/syslog
/var/log/auth.log

# add
/var/log/apache/error.log

覚書

イベント名 検出条件 無視条件
Attack Alerts /etc/logcheck/cracking.d /etc/logcheck/cracking.ignore.d
Security Events/etc/logcheck/violations.d /etc/logcheck/violations.ignore.d
System Events /etc/logcheck/ignore.d.* /etc/logcheck/ignore.d.*

条件記述はegrepの正規表現

条件変更後の動作確認
# -t : オフセットを更新しない
# -d : デバッグモード

# su -s /bin/bash -c "/usr/sbin/logcheck -t -d" logcheck

参考

Logcheck/README 日本語訳 - Pocketstudio.jp Linux Wiki(http://pocketstudio.jp/linux/?Logcheck%2FREADME%20%C6%FC%CB%DC%B8%EC%CC%F5

nkfインストール

$ apt-cache show nkf
Package: nkf
Priority: optional
Section: text
Installed-Size: 200
Maintainer: NOKUBI Takatsugu <knok@daionet.gr.jp>
Architecture: i386
Version: 2.04-1
Depends: libc6 (>= 2.3.2.ds1-4)
Filename: pool/main/n/nkf/nkf_2.04-1_i386.deb
Size: 78170
MD5sum: 6294369d30a815ea01f921ec4bf643df
Description: Network Kanji code conversion Filter
 Nkf is yet another kanji code converter among networks,
 hosts and terminals. It converts input kanji code to designated
 kanji code such as 7-bit JIS, MS-kanji (Shifted-JIS) or EUC.
Task: japanese

$
$
$ apt-cache depends nkf
nkf
  依存: libc6
$
$
$ sudo apt-get install nkf
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  nkf
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
78.2kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 205kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 ftp://ftp.jp.debian.org sarge/main nkf 2.04-1 [78.2kB]
78.2kB を 0s で取得しました (136kB/s)
未選択パッケージ nkf を選択しています。
(データベースを読み込んでいます... 現在 21882 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../archives/nkf_2.04-1_i386.deb から) nkf を展開しています...
nkf (2.04-1) を設定しています ...

最終更新時間:2005年11月05日 16時53分12秒