トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

遅延書き込みデータの紛失

[カテゴリ:Windows]
[カテゴリ:Hardware]

遅延書き込みデータの紛失(2008/04/09)

概要

OSは、WindowsXP SP2

普段バックアップなどは、
裸のHDDをUSB経由で接続してる。

ケーブルは2本

  • 電源ケーブル
  • ATA/IDE→USB変換ケーブル

普段これで全く問題なく使えていたのだが
とあるHDDをつないで、ファイルコピーしていると、
OSが「遅延書き込みデータの紛失」とか言い出した。

遅延書き込みデータの紛失」って何?

調べてみたが、

  • 遅延書き込みデータの紛失」というぐらいだから「遅延書き込み」のモードになっているのだろう。と思ったがなっていなかった。
  • USB経由での接続で発生することが多いらしい?
  • ハードウェアとの相性らしい?

ということで、何かよくわからない・・・

結論からいうと、
とりあえず正常に動くようになったが、
もやもや感が残った。

解決方法

というか、こうすれば解決するかもよ?的なリスト。

  • HDDが熱を持っているなら休ませる。
  • 「遅延書き込み設定」が解除されていることを確認する。
    • USB経由の接続は通常、解除がデフォルト
  • 強制的にUSB1.1にする。
    • 「USB Enhanced Host controller」を無効にする。
  • 電源ケーブルと変換ケーブルのからまりがないようにする。
    • 電源ケーブルからのノイズとか関係してる可能性
  • HUB経由で接続しているなら、PC直つなぎしてみる。
    • 可能であれば、オンボードのコネクタに直つなぎしてみる。
  • 別PCに接続してみる。
    • 相性があるらしいので。
  • USBでの接続はあきらめる。
  • フォーマットして最初から。

いろいろやってると解決したので、よくわからないが、
私のケースは、ケーブルからまり。の可能性が強いと思われる。
そういえば、別PCでは試していないな。

メモ

このあたりのキーワードで検索した。

最終更新時間:2008年04月09日 09時52分40秒